FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

復活!

どうもクマです
長きにわたって、入院生活をしていた我が愛機が今日戻ってきました
今のところ異常は見られません

この間購入した32GBのCFも無事認識しました
Lのエクストラファインで5000枚超!!いままでの総シャッター数が7000枚ちょっとなのでその凄さがよくわかります

CFとの相性はまだわかりませんが、サンディスクウルトラ?1GBと比べて、
1、フォーマットに時間がかかった
2、電源ON時に信号のやり取りに時間がかかるのか、何秒か認識しない

という現象が発生しました。1はこれだけの大容量なので仕方ないのかも知れませんが、2は一瞬のシャッターチャンスを逃しかねないので、やはりヒコーキ撮りには使えませんね
まっ、元々ヒコーキ撮りに使う気ないので問題ないけど

早く写真撮り行きたいなぁ・・・
以上クマでした

| カメラ | 21時56分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新機材導入

どうもクマです
やっとこさ、カメラが修理から戻ってきたようです。まだ取りに行ってません
今度は直っててほしいなぁ・・・。

カメラがない&先月のバイト代が予想より少し多めだったので、ちょっとした装備の拡充を図ってみました。
あだた1

右側は、視度補正アタッチメント。いままで?3を使ってきましたが、MFの際ピントがこないので、さらに強力なものに交換です。
左は、ADATAのCF。なんと32GB!いままで持っていたのがウルトラ?1G×2=2GBなので、いままでのとあわせて17倍の容量アップ!!これでもうメモリーカード不足はありえません。てか、先にバッテリー無くなりそう・・・。

パソコンではちゃんと認識しました。730円のCFリーダーでも読めた!
あだだ3


ここまでの大容量メディアを買ったのにはわけがあります。


あだだ2

この写真は普通の方法では撮れません。写真を趣味としている人ならわかると思いますが、星の軌跡を写すには通常、長い時間シャッターを開けてやらなければ写りません。
もちろん、この写真も撮影に40分ほどかかっています。
しかし、写真を見るとわかるように、下の建物には明るい光源があるため、星の光にあわせて露光してしまうと、画面全体が真っ白になってしまいます。

では、どのようにして撮るのか?今月の天文ガイドに詳しく載っていますが、「比較明合成」という方法を使います。比較明合成というのは、二枚の写真の双方の明るいところを比較、合成する方法らしいです。詳しいところは知らないっす(汗)
この写真は、約230枚合成しています。しかし、この方法には3つの欠点があります。

1、合成に時間がかかる
2、連続して何百枚もシャッターを切るため、カメラを痛める
3、撮った画像容量が膨大になる

1に関しては、天文ガイドにも載っている人のブログ痛い目みてなんぼで、一気に処理してくれるソフトが公開されているので、それを利用して回避

2、はあきらめて回避

いままで問題は3でした。パソコンにつないで直接HDDに送りつけることで回避している人もいましたが、コニミノにはそれができないっ!!
できたとしても、パソコンの電源がいつも供給できるわけではないので、(できない場合は2時間程度でバッテリーが死ぬのでそこで終了)大容量CFがどうしても必要だったのです。
上の写真も撮影時間が40分なのは、メモリーカードがいっぱいになってしまったからなのです。
1秒でも撮影されない時間ができてしまうと、線に切れ目が入ってしまうので、途中での交換も不可能です。
まあADATAの最下位クラスらしいので、書き込み速度には期待してないし、っていうか最低でも1秒以上露光するので、書き込み速度はいらないし、信頼性はゼロですが、7000円弱と他のメーカー(某メーカーは40000円とかカイテアッタヨ!タカスギヨ?!)に比べると圧倒的に安いので購入。
ドスパラに通ってやっと手に入れた品です。
アルファスイートDでちゃんと認識するのかなぁ?

以上クマでした

≫ Read More

| カメラ | 00時11分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

再入院

どうも御無沙汰です。クマです。
今週の木曜日に修理完了との連絡があり、カメラを受け取りに行きました。
ファインダーまわりがひどくやられていたらしく、また、ミラーボックスも破損していたらしい・・・。
修理代金は¥24400でした。うぅ・・・イタイ。

まあとりあえず直ったので、よしとしよう!
と思ったら・・・・・
修理不良で再入院
ファインダー内の液晶の表示が、おかしいっ!!
各部点検しましたって書いてあったのに・・・・。

わが愛機は、お店を一歩も出ることなく、またソニーへと連れていかれました。

| カメラ | 17時15分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新レンズ導入

どうもクマです
かれこれ一ヶ月近くも更新がない!!
大変に失礼いたしました。他の管理人さん達の更新が全く無いのが気になりますが、(この一ヶ月にも会ったので無事は確認済みですw)気にせずやっていくことにしましょうか・・・。

この間、新しいレンズを導入しました。コイツです。またまたTAMRONだったりします。
最近は天体写真の比率が非常に上昇し、本業の飛行機写真が枚数の上では負けています。
しかし、今までは展示機用に購入したTAMRONの18?200で天体写真を撮っていたので、もっと明るいレンズをと思い、購入しました。F2.8通しなのに4万円でおつりがくる値段にもひかれてw
顔なじみの店員さんからは「広角ぅ?!?」と驚かれてしまいましたが・・・w
週末は天気の悪い日が多かったので、まだ購入の目的である天体写真には実戦投入できていませんが、明日は天気が悪く、部活に行かなくてもよさそうなので、室内でインプレッションでもやってみますか・・・。

最近、部活のHPの管理人を任されてしまったので、このブログをあわせると8個の管理人をやっていたりします。非常にヤバイです。いままでよりかなり更新頻度が落ちると思うので、他の管理人さん達の活躍を期待します!!
以上、クマでした

| カメラ | 01時30分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新Gレンズ

こんばんはキャラバンです。

クマさんに続きSONY αの話題です。

α900発売の話題の裏で航空機撮影に最も適すると思われるGレンズがSONYから2009年1月発売されます。

それは70-400mm F4-5.6 G SSM

このレンズのメリットは
?SSM(超音波モーター)の使用によりAFが速く静粛性の向上。
?Gレンズの描写力
?APS-C搭載デジタル一眼レフ装着時の画角が105-600mmと幅広い
?モノにしては希望小売価格262,500円という低価格


従来のGレンズ70-200mm F2.8 G(希望小売価格346,500円)を狙っていた私にとっては、
誂え向きの代物で購入を激しく検討中です。


しかしクマさんにαを薦めた私にとってコニカミノルタがカメラ事業撤退を発表した時には大きな責任を感じましたが、SONYに事業を譲ってからカメラ本体・レンズともに充実しはじめ私的には救われたかも…

| カメラ | 23時46分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT