FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ロシア機、日本領空を侵犯

どうもクマです
この間、久しぶりにキャラバン腹黒鷲の両氏と会いまして話をしました。
キャラバン氏は受験まっさかりということもあってしきりに「世の中の事がわからない」とつぶやいていました。
そのキャラバン氏でも知っていたこの事件を今日はやりたいと思います。

露戦略爆撃機、3分間日本領空侵犯。航空自衛隊迎撃機の警告無視

軍事主体のこのブログがなぜこんなにも取り上げるのが遅かったのか?
それはよくあることだからです。

ここに防衛省管轄の統合幕僚監部の報道発表資料の中に含まれているグラフがあります。
発進回数2

このグラフは一年間に自衛隊機が緊急発進した回数の推移を表しています。
緊急発進(スクランブル)とは日本の領空内に国籍不明機が侵入しそうな場合に自衛隊機がその飛行物体に対処するために行うものです。
冷戦時代の900回以上と比べれば大幅に減ってきているものの、平成18年度で239回も緊急発進が行われています。
ここで勘違いしないでほしいことは緊急発進回数=日本領空侵犯回数ではないということです。
領空の定義は領土と領海の上空ですが、その領空の外にAir Defence Identification Zone(通称ADIZ。和名は防空識別圏)というものが各国設定されており、日本にも当然あります。領空1

?軍事情報(http://okigunnji.com/)より?


そこに事前に報告されていない航空機が侵入してくれば即座に自衛隊機が緊急発進し、航空機に対して警告を行います。意図的でなければそこで引き返すので日本領空は侵犯されません。よって領空侵犯はより少ない数になります。
では、領空侵犯はいままでなかったのか?そんなこともありません。
また統合幕僚監部の報道発表資料からなのですが
侵犯1

いままでにこれだけの回数領空侵犯されています。確かに18年度はゼロでしたが、それだけではこれだけ大きなニュースになる理由にはなりません。ロシア侵犯しすぎだろ!!とは思いますが逆にいえばありふれたことなのです。
また、今回と非常によく似たケースを発見しました。
それは昨年7月17日に発生しました。場所は今回と同じ伊豆諸島付近で航空機も今回と同じTu-95×2機。領空侵犯こそしませんでしたが今回と非常によく似ています。
侵犯2

そのときの飛行経路。今回と似ていると思われる。
侵犯3

そのときのTu-95ベア

Tu-95ベア
最大速度: 925 km/h
航続距離: 15,000 km
最大運用高度: 12,000 m (39,000 ft)
ベア1

?Wikipediaより?
プロペラ機のくせにはええ!!!
ふっー。終わった。寝よう・・・。

以上クマでした


今日2月14日に防衛省からロシア機の飛行経路と写真が公表されました

日本領空を侵犯したロシア空軍戦略爆撃機の写真と当日の航跡
スポンサーサイト

| 航空・自衛隊 | 01時59分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://teamlancer.blog120.fc2.com/tb.php/68-b6ab92cb

PREV | PAGE-SELECT | NEXT