FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

突撃!自衛隊 2008年(ポロリもあるよ

こんばんは、腹黒鷲です。
本日は自衛隊関連のニュースをドドンと豪華3本立てでお送りします。

まずは、海上自衛隊の護衛艦「しらね」のその後について。
以下、毎日新聞より転載。

防衛省は、昨年12月に火災を起こしたヘリ搭載護衛艦「しらね」(5200トン)の修理を断念し、一線を退かせる「除籍」とする方向で調整を始めた。
しらねの耐用年数が残り約5年しかないのに、修理に2年程度、200億円以上かかるとの暫定的な見積もりが出たためだ。
ほかに除籍予定のヘリ搭載護衛艦が2隻あり、配備計画(2隻)を上回る除籍で、防衛整備計画の見直しを迫られる事態にも発展しそうだ。
しらねは昨年12月14日深夜、横須賀基地(神奈川県)に停泊中に出火。
艦船の中枢部分である戦闘指揮所(CIC)が火元とみられており、事実上コンピューターを含む指揮通信系統をすべて交換する必要が生じた。
修理費は300億円程度に膨らむ可能性もあるという。
全国に四つある護衛隊群の旗艦には、4隻のヘリ搭載護衛艦があてられている。
このうち、しらねは第1護衛隊群(横須賀)の旗艦で80年の就役。
第3護衛隊群(舞鶴)の「はるな」(73年就役)と第4護衛隊群(呉)の「ひえい」(74年就役)は老朽化が激しく、「しらね」より先に除籍する予定だった。
現行の防衛計画では、新型のヘリ搭載護衛艦「ひゅうが」が09年3月に就役。
その2年後に同型護衛艦がもう1隻就役する予定だった。
これら2隻は、はるな、ひえいと交代することになっていたが、しらねが先に除籍すれば、後継艦が足りなくなる。
はるな、ひえいの耐用年数を引き延ばすには改修が必要で、運用に支障が出るのは避けられない見通しだ。
【古本陽荘】

あちゃーっ。CIC丸焼けで廃艦ですか。かわいそうに…。
と、思ったら

火災の「しらね」修理 来年度廃艦予定「はるな」の部品転用 巨額費用を軽減=Yahoo!ニュース

なんと、廃艦予定の「はるな」の部品を転用して強引に修理するようです。
いやまぁ、納税者からしてみれば少しでも安い修理費で復活させてくれるのはありがたいけど、
ちょっと考え方が短絡的すぎません??

さて、次のニュースにまいりましょう。

陸自ヘリの荷台ドア、飛行中に海上に落下…千葉・木更津=Yahoo!ニュース

ポロリとはこの事ですw
新年早々陸自のチヌークがやらかしてくれました。
まぁ、そこまで大事に至らなかったのでよかったです。



これだけでは終わりませんでした。

<F15戦闘機>飛行中に水平尾翼の一部脱落…百里基地所属=Yahoo!ニュース

そのわずか数時間後に今度は空自のイーグルがやらかしましたwww
しかもこの事故、パイロットは着陸後の点検まで尾翼の一部が脱落していることに
気付かなかったそうです。
この日の訓練は激しい機動を伴うACM訓練だったようで、その最中に全く異常に気付かなかったって
この戦闘機どんだけタフなんだw

まぁ、過去には片翼を完全に潰した状態で帰還した機体もありますしねw

さてさて
明日は衆議院で新テロ特法が通過する見込みで、これによって早ければ今月下旬から来月の頭までに海上自衛隊の国際貢献部隊が再びインド洋に派遣されるようです。
あの馬鹿げた撤収から2か月。
ようやく、日本は世界に対して再び貢献できることになります。
世界一の経済大国を謳うならそれなりの責任も果たさなくちゃね。
ぜひ頑張ってきてもらいたいものです。

最後になりましたが、今週末13日は陸上自衛隊習志野演習場で降下訓練初めがあります。
天候が思わしくないようですが、自分の目線より下をコブラが飛んだり、陸自最精鋭部隊である第一空挺団の空挺降下など見どころの多いイベントです。
関東近郊の方はぜひ行ってみては?

かなり長くなりましたが、今晩はここまで。
以上、腹黒鷲でした。
スポンサーサイト

| 航空・自衛隊 | 00時52分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://teamlancer.blog120.fc2.com/tb.php/48-570b5f94

PREV | PAGE-SELECT | NEXT