PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【更新サボりすぎ】SUPER GTに行ってきた!その1【ごめんなさい】

こんばんは、腹黒鷲でございます。
前回の更新から再び一ヶ月以上が開いてしまいました。申し訳ございませんw
ここのところ本業である(?)学業が少々忙しかったもので…。

今夜は色々と貯めこんでしまった写真を少しずつ放出する第一弾といたしまして、ゴールデンウィークに行ってきたSUPER GTの富士スピードウェイ500kmレースの模様を少しだけお送りしたいと思いますよ。

レース開始直前から雨が降り始め、のっけから大荒れとなってしまったレース。
そんな荒れたレースを制したDENSO KOBELCO SC430とKEIHIN HSV-010の、レース中盤での数週に渡るバトルをどうぞ。

IMG_5187_20120529231232.jpg
塚越広大選手操る17号車KEIHIN HSV-010はこの時点では3番手につけていたものの、この翌周にミハエル・クルム選手操る23号車MOTUL AUTECH GT-Rをパス。
脇阪寿一選手がドライブする39号車DENSO KOBELCO SC430に一気に迫ります。

IMG_5209.jpg
直線がダントツに早いSC430に対し、テクニカルなセクションで小さく回り差を詰めるHSV-010。

IMG_5222.jpg
テール・トゥ・ノーズのド迫力バトル!

IMG_5241.jpg
脇阪選手も譲りません。インをきっちり閉め、かと言ってアウトから行かせるでもなく的確にブロックします。

IMG_5245.jpg
ついに塚越選手がダンロップコーナーへの進入でアウトから仕掛けます!

IMG_5253.jpg
しかし脇阪選手も譲らない!

この二人のトップドライバーによるバトルは、この直後2台が同時にピットインすることにより幕を閉じました。
結果としてはKEIHIN HSVがピット作業でややロスがあった上に交代したドライバーである金石選手が思うようにペースを上げられず後退、対するDENSO SC430は石浦選手の素晴らしい走りにより見事優勝を飾りました。

最後に石浦選手のウィニング・ランをどうぞ!
IMG_5435.jpg

今夜は以上になります。
次回は今回のレースに出場したクルマたちを、3日に行われた公式練習走行と予選からお送りしたいと思います。
写真の枚数が多いのでなかなか大変ですけど、なるべく急ぎます(;´∀`)

腹黒鷲でした。
スポンサーサイト

| モータースポーツ | 23時38分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://teamlancer.blog120.fc2.com/tb.php/394-d9869ec0

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。