FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

歴史に残る大災害

ども、クマです。

現在、節電協力の一環として携帯から投稿しています。

なので、文字の装飾とかも出来ません。悪しからず。
まず、東北太平洋沖大地震により被災された方々にお見舞い申し上げるとともに、犠牲となられた方々の御冥福を心よりお祈り申し上げます。

私も関東在住で、発生時に自宅にいましたが、ものすごい揺れにすぐに家を飛び出しました。
マンションの鉄筋から発せられるギシギシという気味の悪い音は一生忘れることはないでしょう。

その後も津波、福島第一原発、輪番停電とテレビから目が離せない状況が続いています。

津波は、あの話題となった「スーパー堤防」を軽く越えて町に流れ込み、一面ガレキの山となってしまった町並みには戦慄を覚えます。
原発も次々と爆発し、あのスリーマイル島事故をも超える原発事故となりました。

それに伴い関東では停電し、交通機関が大混乱しました。

ある意味、この大災害は日本人に大きな問題を投げかけたと思います。

まず、自衛隊の問題。
現在の日本国憲法は、軍隊など戦力の保持を禁止しており、自衛隊は違憲であるとの意見も見られます。
しかしこのような大災害においてまともに機能出来るような装備・訓練が軍隊にしかないのも事実です。
原発事故においても自衛隊の対NBC部隊が派遣されていることは周知の事実でしょう。
地震は天災ですが、テロリストなど故意による破壊の場合には相手を攻撃、制圧する武器も必要となります。
そのような国として存続していく為のニーズと、法治国家として存続していく為に必要な法的整合性。
いままで曖昧にしてきましたが、そろそろきっちりしなければならないのかもしれません。

次に原発の問題
福島第一原発で周知のように原発が事故るとヤバい。
いままで日本の原発は最高水準の安全設計と運用をしていると世界に評価されていました。
しかし、今回でその安全神話は崩壊しました。
しかし、関東の輪番停電で分かるように、電気は経済活動を行う上で必要不可欠な存在となっています。その電気の20%を担っているのが原発です。
資源の乏しい日本では原発がもっとも効率的な発電方法であり、これを全て他の方法に置き換えるのは難しいと言わざるを得ないでしょう。
事故るとヤバい発電方法で発電し、経済活動をするか、発電を止めて経済活動を停滞させるか。

しっかりと議論し、日本としてどのようなスタンスで行くのか?結論を出さなければなりません。

最後に、防災設備の問題。
スーパー堤防など防災設備を設置するのにはものすごくお金と労力を使います。
しかも相手は来るか来ないかわからない天災。天災が来る前に設備が老朽化してしまえば、全て無駄になるわけで…。

某掲示板ではスーパー堤防など防災設備を仕分けしたことにつき、非難していますが、今回はたまたま来たから役にたったものの、発生していなければただの無駄遣いであった可能性が高いものもあります。

簡単に言えばお金の使い方の問題です。

いままで、日本国民は政治家に任せてしらんぷりしていましたが、どのような国にするのか、主体的に決めて行かなければならない時期に来ているのではないでしょうか?


電車止まってどこにも行けないので、そんなことを考えてみたクマでした。

皆様、余震などまだ続いていますので、お気をつけ下さい。
スポンサーサイト

| 日記 | 23時16分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://teamlancer.blog120.fc2.com/tb.php/327-7356ba7a

PREV | PAGE-SELECT | NEXT