FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

その四

どうも、クマです

このあいだから長期間にかけてお伝えしているF?15の経年劣化問題ですが、
新たな動きがあったのでお伝えします。

米空軍F15『イーグル』旧型モデル8機で構造破壊に繋がる亀裂発見

この記事の中で注目してほしいのは
嘉手納所属のF?15に亀裂が発見された
ということです。しかも2機

もし、ミズーリでの空中分解事故が発生せず、この欠陥が見過ごされていたなら、
どちらかの機体が日本で墜落していた可能性もありうるわけです
万が一、住宅地に墜落、人が死亡したら・・・((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

その時の影響を考えると・・・・世論は怒り心頭、これに乗じ、野党は米軍の即時撤退を求め、
                   参議院で撤退を求める議決を可決、もしくは首相の退陣を要求
                  これをつっぱねた与党側が衆議院で両議案とも否決し、
                  与野党の政治的対立が先鋭化
                  テレビではコメンテーターが自衛隊も同型機を使用しているなどといい、
                  国民の恐怖心をあおります
                  消えた年金がどうとかそういう大事な問題は後回しにされ、そして消されます
                  過激な思想をもった一部のものが
                  飛行停止処分中のF?15のみならず「軍用機=危険」という短絡的な考えの下
                  基地に侵入し、最悪の場合、F?4等飛行停止でない
                  航空機の損壊なんて事態も考えられます 
                  ただでさえ、いっぱいいっぱいのスクランブル等の緊急任務にまわせる機体が
                  少なくなり、日本の防空網に穴が発生します
                  当然ながら、防衛上の問題は国家存立の根幹にかかわりかねませんから、
                  壊れた航空機、施設等の修理代を早急に予算から出さなければなりません
                  当然出す以上、どこかを削る必要があり、その分国民へのサービスの質低下
                  は避けられません
                  これは国内のみのことですから、当然国際的な影響も考えると・・・
                                                    ((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
                  現実にならなくてよかった

しかし、このままF?15を飛ばしておくのも点検で異常がなかったとしても
いずれは破断が発生する訳ですから不安ですね
                                             

                                               クマでした

                  


スポンサーサイト

| 軍事全般 | 01時08分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://teamlancer.blog120.fc2.com/tb.php/32-04ef4e87

PREV | PAGE-SELECT | NEXT