FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

リハビリ&インプレ その二

ども、クマです

インターネットで情報収集する限り、FLYINは今日だったようで・・・orz
まあ、でも天候不良は皆平等なので仕方がない

ってことで、昨日1日使ったSONY70-300Gのインプレを普段主力のTAMRON200-500との比較を中心にマターリと行いたいと思います



?スペック及び値段の比較

SONY70-300G(以下70-300とします)
?スペック?
焦点距離:70mm?300mm
F値:4.5?5.6
種別:Gレンズ
質量:約760グラム

売り文句(SONY公式サイトより引用)
Gレンズならではの高画質を堪能できる望遠ズームレンズです。
EDガラス1枚を使用した光学系は、諸収差が良好に補正され、ズーム全域にわたり高コントラストでシャープな画質が得られます。
レンズ内蔵のSSM(超音波モーター)とリアフォーカシング方式の採用により、迅速で静粛性の高いAFを実現。
また、円形絞り採用による自然で美しいボケも魅力です。
フォーカスホールドボタンやフォーカスレンジ切り替えスイッチなど操作性にも配慮。最短撮影距離1.2m 達成で近接撮影にも強く、風景やポートレートなど幅広い撮影ジャンルで活躍します。

?値段?
現在実勢値:85000円(価格コム平均値)
購入値:81800円

巷ではかなり評価の高いレンズ。私が購入した時も在庫が不足気味で4カ月待ちとか言われたことも・・・
Gレンズとしては価格が安く、運動会などで使いやすい70?300という焦点域も受けた原因の一つのよう
αマウントでは珍しいSSM(超音波モーター)搭載

TAMRON200?500(以下200?500とします)
?スペック?
焦点距離:200mm?500mm
F値:5?6.3
種別:SPレンズ
質量:1189グラム

売り文句(タムロン公式カタログより引用)
500mm( APS-C サイズ相当のデジタル一眼レフカメラでは35mm 判換算で775mm 相当)までをカバーする本格的超望遠ズームレンズです。
LD(異常低分散)レンズを2 枚採用し、望遠レンズで目立ちやすい軸上色収差を低減させ、高画質かつクリアーで抜けの良い発色を実現。
また、着脱式のフィルター・エフェクト・コントロール(FEC)アダプターを標準装備し、フィールド撮影で便利なPLフィルターの操作を容易にします。

?値段?
現在実勢値:84000円
購入値:80000円位?忘れた

こちらも某掲示板では評価が高い。
他社の500ミリレンズが10万円を超えるものが多い中、このレンズは8万前後と魅力的な値段
その割に倍率を抑えたせいか画質は高いといわれている。
キャノンやニコンでは、手ぶれ補正がないのと高速モーターではないので敬遠されているが、
ボディ内手ぶれ補正で、SSM等高速モーターの普及していない(レンズメーカーの高速モーター入りモデルでもAマウント用は大体抜かれる)αでは、500ミリを安く手に入れたいならほぼこれ以外ない!!
といわれるほどの評価を得ている。

事前予想
画質
やはりGレンズの70?300有利か?しかし、倍率ではSPレンズでもある200?500有利なのであなどれない

焦点距離
500まで伸ばせる200?500が有利か?しかし広角側は70?300である

F値
カタログ上は70?300の方が明るい、しかし、200?500の方が望遠であるのでほぼ同じ?

値段
ほぼ同じ、買った時もほぼ同じ

重さ
70?300の倍近く200?500が重い

なので、問題は300程度の望遠で厚木で通用するか?という点でした。

?実際のインプレ

多分操作性よりもなによりも画質の違いが気になると思うので、そっから始めます
画質に関してはごちゃごちゃ言ってもしょうがないので、実際に見比べてみて下さい


問題 どちらがどちらのレンズで撮影したものでしょう?
厚木 2009-03-07 14-53-54
撮影情報 F10 1/320 ISO100 210mm 

PICT1422.jpg
撮影情報 F8 1/640 ISO100 210mm

撮影情報以外の撮影設定(使用カメラ、使用モード)は同じで、同じソフトで同じ設定で縮小しています

意外とわからない・・・・(汗)

なので、拡大図をこさえてみました

hikaku.jpg

ここまでするとさすがにわかるか・・・
右は黄色い↑の右に?出口の文字が読めますが、左はちょっと出口も読めない
そう、正解は上が200?500で、下が70?300です

拡大しないとわかんない私の目がゴミなのか、200?500の画質が優秀なのか判断に迷いますが
やはり画質はGレンズの勝利

この差を拡大しないとわからない些細なものととるか、拡大すればわかる大きなものととるかは各人の自由です
私は正直もっと差がつくものと思っていました
200?500もP?3の窓のワイパーの拭きムラを解像するなどなかなか頑張っています

で、実際の評価としては
01側で固定翼機のランディングを撮るだけなら70?300で充分
エアーバンドを持っていない場合は逆に70?300でないと使いづらい


ヘリコプターを狙う場合は別です。
400ミリ以上が欲しいので、70?300では太刀打ちできません
基地外周であるのでヘリコプターはこちらに寄ってきますが、300ミリいっぱいに写るようになった時はほぼ真上になってしまうので使えません。

また、エアーバンドを持っていないと飛行機の状況が分からない(ゆとりの森公園ではエアバンを垂れ流してる人がいますが、あれはマナー違反ですので・・・)ので、肉眼で探すことになります。
肉眼で見つけられるような距離では500ミリで撮っても、もうちょっと待って300ミリで撮っても構図的には変わりません
また、200ミリではP?3Cなどの大型機の真横が撮れません
つまり、エアバン聞かずに背後に忍び寄られたらアウト

AFについてもSSMではありますが、特に速さは感じなかったです
静かだけど、個人的には合焦するまではMFに切り替えちゃった?となって不安
フォーカスレンジリミッターもサッカーコートのネットには無力だったのであまり意味なかったっす
ただフルタイムマニュアルできるので、AF外す→手で直す→AF復帰 っていう使い方はなかなか有用でした

なので、
軽装にしたい時or画質にこだわりたい時=70?300
ヘリも撮りたいor本格的に撮る時=200?500
という住み分けになりそうです

何もない状態で、どちらがいいかと聞かれれば
カメラに興味を持って、その一環として飛行機も撮ってみたい場合=70?300
飛行機に興味を持って、その一環として写真も撮りたい場合=200?500
でしょう

結論としては200?500って意外とスゲエ!70?300はもっとスゲエ!!

これからは両方持っていくことになりそう・・・
大丈夫か?肩・・・




スポンサーサイト

| 航空・自衛隊 | 19時53分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://teamlancer.blog120.fc2.com/tb.php/302-305ee344

PREV | PAGE-SELECT | NEXT