FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

またまたやってくれたようです

どうもクマです
腹黒鷲さんの言う自虐史観の持ち主はたぶん私でしょう(笑)
本意とはなかなか他人に伝わりにくいものですね。
で、今日の話題がロシア原潜がまたやってくれました。しかも日本海で

ロシア原潜で事故、20人以上死亡

ソ連時代に作られた老朽艦ならまだしも今回事故ったアクラ級はロシアの最新鋭攻撃型原潜。しかも航試運転中の出来立てホヤホヤです。
原因は消火システムの誤作動とか・・・。原潜の消火システムがどのようなものかはよくわかりませんが、戦車等の消火システムを参考に推察するに
火災が発生すると
1、発生区画のハッチをロックし、延焼を阻止
2、その後、ハロン1301ガスを噴射し、火災を鎮火。
の二段階が考えられます。しかし、ハロン1301ガスはググった所、臭気は強いが、人体を死に至らしめるほど有害ではないことが発覚しました

そうすると残りの可能性を推察しなければなりません
可能性1、ガス系消火設備ではなく、海水を該当区画に注水し、消火
    2、二酸化炭素消火設備の使用
    3、窒素ガスの使用

1は、海水注水で原潜の速度が下がること、搭載機器が破壊されてしまうことから考えられません
よって2か3になるのですが、これ以上はわかりません。しかしどちらも閉鎖空間に大量に放出すれば人間は死亡することは文系の私にもわかります
今回は航行不能にはならずになんとか沿岸の基地についたとか・・・。
死亡された20名以上の方々のご冥福をお祈りいたします

以上クマでした
スポンサーサイト

| 軍事全般 | 22時37分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://teamlancer.blog120.fc2.com/tb.php/214-0b16578c

PREV | PAGE-SELECT | NEXT