FC2ブログ

2014年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

Welcome to JAPAN JA828A

さて連投でキャラバンです。

今日は先日行われたJA828Aのデリバリーフライトの様子をアップします。

このJA828Aは以前、本ブログでお伝えしたJA825A、JA827Aと同様に「787」ペイントではなく「ANA IOJ」塗装をまとった機体でございます。

平成26年2月23日、サウスカロライナ州チャールストンから羽田空港までNH9399便として13時間を掛け無給油で飛来いたしました。

その日本初飛来の様子をご覧あれ!

初タッチダウンは手前の777に邪魔されて撮影できず…。
スラストリバーサーがかかったところから。
_DSC6670.jpg
スポイラーを上げブレーキング。
ピカピカな新造機。見事です。
_DSC6689.jpg
第二ターミナル前をタキシング
_DSC6730.jpg
ちょうど側面に光が当たった様子。
美しすぎるw
_DSC6754.jpg
その後、南西側の整備地区にタキシングしていきました。
_DSC6778.jpg
やがて運用に入ると思われますが、JA828Aは長距離国際線仕様なので今後は羽田で撮影する機会は少ないかもしれませんね。

以上キャラバンでした。
スポンサーサイト



| 航空・民間 | 18時13分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

N700系Z0編成×第二生沢TN

どうもキャラバンです。
昨日は東海道新幹線の撮影の為、小原トンネル近辺へ緊急展開してきました。

ネタはN700系Z0編成!
この編成はN700系量産車を製造するにあたっての試験車両で、通常営業運転に入ることのない貴重な編成であります。
しかし昨日のように偶に計測機器を積んで本線を走行することがあり幸運にも撮影することが出来ました。

N700系Z0編成
_DSC7257_20140225002119006.jpg
2号車付近には特徴的なアンテナが。
写真ではわかりにくいですがパンタグラフ付近に投光器、ノーズの部分に計測器が確認できます。
また1号車の窓が複数埋められているのがわかります。


余談ながらこちらは700系B15編成(JR西日本所属)
先頭車両前部側面のJR700の文字が特徴的ですね。
_DSC7228.jpg
最近ではひかり、こだま運用に就くことが多くあまり見かけなくなりました。

以上キャラバンでした。

| 鉄道 | 11時46分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サウジアラビア皇太子来日に伴う特別機(小ネタ)

どうもキャラバンです。
サウジアラビア王国皇太子の来日に伴い、特別機が羽田に飛来しました。

747SP(HZ-HM1C)
_DSC6631.jpg
SPの奥はA340型機。
これらの機体以外にも成田空港に複数機特別機飛来とのこと…
_DSC6625.jpg
Nエリアよりサウジアラビア空軍機
_DSC6543.jpg

以上キャラバンでした。

| 航空・民間 | 19時50分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

787ロゴなしのJA827A

どうもこんにちはキャラバンです。
ドン曇りでしたが浮島へぶらっと撮影へ行って来ました。

お目当ては2月7日にデリバリーされたばかりの新造機「JA827A」

この787は全日空が保有する従来の787と外見的に大きく異なります。
というのは、機体前方に書かれていた「787」のロゴがなく通常の「ANA INSPIRATION JAPAN」塗装でデリバリーされた機体なのです。

ってことで早速写真…
_DSC5142.jpg
長距離国際線仕様であるJA827Aはこのフライトで成田にフェリーされ運用に入るみたいですね…。

ちなみに現在787ロゴが入っている従来機も塗り替え時に通常塗装に変更されるそう。
いつの間になくなってた…とならないように787ロゴ機も撮っておかなくてはなりませんね。

以上です。


| 航空・民間 | 18時16分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

里帰りフライト長崎便①

どうもご無沙汰しておりましたキャラバンです。

昨年末、ANA B747型機の退役イベントとして、函館、鹿児島、中部、広島、小松、長崎といった過去にB747型機が就航していた空港への「里帰りフライト」が行なわれました。

キャラバンはその中でも長崎便に往復搭乗しB747型機の最後の雄姿を焼き付けて参りました。

里帰りフライトにアサインされたのは当時退役間近のJA8966。
(先日退役し、すでに離日)
_DSC4787.jpg

12月8日、NH661便の出発ゲートの様子
一般のツアー客や航空ファンが集まり朝も早いのに凄まじい熱気が…
DSC00010_20140131145827815.jpg
搭乗ゲートの案内ディスプレイ。B747-400の文字が非常に新鮮
_DSC4173.jpg
搭乗機はほぼ満席状態でした。DSC00050.jpg
定刻8時15分よりも少し遅れて羽田を飛び立ったNH661便は一路西へ針路をとります。
当フライトの機長は長崎市出身の機長という親近感を抱かせるサプライズも…
さらに下界の景色が見やすいようにと通常よりも低い高度で飛行するという配慮もあり、当日の天気と会い合わさってさまざまな景色を楽しむことが出来ました。

写真は愛知県知多半島と渥美半島
_DSC4209.jpg

お祭りのようなフライトもあっという間にファイナルアプローチ

ランウェイのリクエストの為か長崎空港へファイナルアプローチ中に当機は長崎空港上空でのホールドを命じられます。
その際大村基地を望むことが出来ました。
_DSC4240.jpg
そして定刻よりも早く長崎空港にランディング
ウォーター キャノン(歓迎放水)を受けた後スポットイン
この時機内では拍手も湧き起こる盛り上がりようw
_DSC4279.jpg
長崎空港ではさまざまな歓迎行事が行われまるでお祭り…
_DSC4306.jpg

インターバルはわずか数十分、福砂屋のカステラを買い込んだのち直ちに復路便に飛び乗ります。

つづく…

| 航空・民間 | 12時02分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

里帰りフライト長崎便②

さて続きの復路便搭乗レポです。

長崎空港管制塔を見る。キャラバンにとってもJA8966にとってもまさに最後の光景
_DSC4336.jpg

復路便であるNH664便でもサプライズが用意されておりました。
その中でも通常の出発経路を外れ「長崎市上空遊覧飛行」を行ってくれたことは大変驚きでした…
DSC00039.jpg
上の写真は遊覧飛行中に長崎市上空を撮影した写真でございます。
写真右下が長崎駅、写真左下には原爆公園並びに原爆爆裂中心地のサークルを確認することもできます。
そして浦上川に沿って存在する工場群は三菱重工の施設…

復路便ではベルト着用サインが消えると機内探索を行ってみました。
まずは荷物棚から…やはり最新の787型機のインテリアに比べるとクラッシックな感じがします。
DSC00024.jpg
アッパーデッキの様子。
JA8966型機は日本の航空機史に残るハイジャックに遭遇した機体でありますが、この場所が歴史を目撃していたと思うと厳かな気分になります。亡くなった機長に合掌。
DSC00064.jpg
機内のコントローラー
_DSC4372.jpg
搭乗者全員に747引退特別ファイルと搭乗証明書が配布されました。
これはなかなか嬉しいサプライズです。
DSC00019.jpg
DSC00058.jpg
復路便で撮った機窓の様子
恐ろしいほどきれいな群青の空…
しかしJA8966型機は既に引退、スクラップに供されているので再びこのような空を見ることはできない。
_DSC4233.jpg
惜しまれながらも羽田空港に到着
JA8966がJA8967(B777)を横目にスポットイン。
DSC00076.jpg

この里帰りフライト長崎便では空港に集まった航空ファンのみならず地元の方や制限区域から手を振る航空局の方…
まさに空港が一丸になって747を歓迎、惜別を送る様子を見てとることが出来ました。
そして747が本当に愛されている飛行機であると感じました。
ANAに在籍しているB747も残りわずか2機、そして引退まであと2か月弱…
最後まで安全飛行を続け人々に感動を届けてほしいものです。

以上キャラバンでした。

| 航空・民間 | 12時01分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |