FC2ブログ

2009年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

F-Xに動きあり

ども、クマです。
学校が始まってしまい、なかなか厚木などに行けなくなりそうです。
キャンパス移動で学校遠くなったしなあ・・・。

どっかのバカがミサイルぶっ放したりしているので、春を感じる今日この頃ですが、かねてから伝えてきたF-X選定に動きがありました。

米国防長官、ステルス戦闘機F22の発注中止を発表

不景気のあおりがここまで来たな、といった感じです。
がんばって開発したロッキードは涙目でしょうね
このままアメリカの輸出許可が下りなければ製造ラインがクローズしてしまうので、日本はラプター導入は不可能。F-Xには他の機材を選定するほかありません。

ここでクマ的予想をしようとおもいまーす!!
現在選定の対象には
1、F?22ラプター
2、F?35
3、タイフーン
4、F?15FX
5、F/A?18スーパーホーネット
6、ラファール

の六機種があると思われます。まあ国産とかいうイレギュラーは予想不可能なので除外するとして、この中で選ばれるとすれば、どれが選ばれるのか?をやろうと思います。なんか前もやったような気がするけどいいやー。

まず、今回の件によりラプターが消える。この段階でもラプターにこだわればF-Xがいなくなるという事態も考えられます。まあ、ファントム好きな方なので、退役が伸びてくれるのはいいんですけどね。

4はこの間の騒動にも現れたように、1機種での運用は何らかのトラブルにより飛行停止を食らった時に防衛ができなくなるので避けるのが定石。F?2だけじゃ限界あるし。ので、却下。

6はフランス製だし、売る気あんのか?って感じのセールスしかしないみたいなので却下。

残るは2、3、5のいずれか。
このなかで入れるとすればF?35が一番よさそうですが、日本が配備するであろうA型はアメリカでの配備が2013年。日本での配備はそれ以後になるので、F?Xには間に合わなさそう・・・。
で、却下。アメリカ政府から調達できて、間に合うとすればこれが本命。

あとはスパホかタイフーン
スパホは実績あるし、何よりアメリカ製。しかし、周辺国の航空兵力を考えた場合、疑問が残る。
タイフーンはF?35の次に航空兵力としては有力な機材。しかし、NATO規格とはいえ欧州機。
どっちもどっち。

まあつーことで、
クマ的予想は
1位 F?35
2位 タイフーン

のどちらか。まあこのどちらかが採用されなきゃヤポンスキーは馬鹿ですね。

以上クマでした

s-IMGP0388.jpg
おかしいな・・・こんなものがうちにあるぞ?
スポンサーサイト

| 未分類 | 13時37分 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

TOP GEAR

こんにちは。キャラバンです。

イギリス発 人気自動車番組「TOP GEAR」よりキャラバンが好きな3番組を紹介



部品交換不可・基本工具での修理のみ可という条件で、トヨタハイラックスを
階段走行に始まって立木への衝突
次いで海中に沈められた後に数メートルの高さから落とされ
農作業小屋に突っ込ませ
クレーンに吊られたキャンピングカーを落下衝突させ
解体用の鉄球をぶつけらる。
それでも動くため、燃やされる 。更に高層マンションの発破解体現場の屋上に設置・発破。

瓦礫の中から引きずり出されたハイラックスは辛うじて原型を留める程度にまで破壊されていたが応急処置のみでエンジンが息を吹き返す。
オンボロトヨタ・ハイラックスの耐久実験1
オンボロトヨタ・ハイラックスの耐久実験2
オンボロトヨタ・ハイラックスの耐久実験3


やっぱり、日本車が世界で売れる理由が分る様な気がする。



新型日産・GT-Rと、日本の公共交通機関を用いて石川県羽咋市から千葉県の鋸山(交通安全の石仏である百尺観音がある)までどちらが先に到着するかを競う。スピードカメラ対策も笑える
日産GTRvs新幹線1
なぜか2がない
日産GTRvs新幹線3
日産GTRvs新幹線4

なんて言ったってカメラワークがうますぎ!!日本がカッコよく見える!!


韓国などのアジア製(日本は含まない)の安価かつ極めて低品質なクルマの出来を検証。
このクルマの乗り方は一つだけ。覆面をかぶって載る事だ。じゃないと自分がこんなクルマを買ったっていう事が近所に知り渡って恥ずかしいからね。余りにも低品質な車(ヒュンダイ・アクセント) に対して「なんだっけこのクルマの名前?えーっとアクシデントだっけ?」などの発言が飛び出した上に「奴等は家電製品のつもりで車を作ってやがる。車作りに対する情熱が感じられない」という理由から「韓国車なら僕らにだって作れる」と言って洗濯機、乾燥機、電子レンジなどの使用済みの電気製品を組み合わせて作った自作のクルマを紹介して間接的に揶揄w
お笑い韓国車1
お笑い韓国車2

まあ、お隣の国ですから・・・


・・・番外編・・・TOPGEARではありませんが

衝突試験比較(日本車・韓国車・中国車)
衝突試験比較 (中国車)
衝突試験比較(BMW3) 

百歩譲って韓国車はいいとして中国車の安全性は微塵も感じられない。生存空間なんかあったもんじゃない。

| 日記 | 18時45分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最近のこと、つらつらと

みなさんお久しぶりです、腹黒鷲でございます。
すっかり更新が滞ってしまい、申し訳ありませんでした。

この2カ月ほどの間、さまざまな問題に忙殺され、非常に忙しい日々を送っておりました。
また、それと同時に精神的に変調をきたしてしまい、多くの方々にご心配・ご迷惑をおかけしてしまいました。
まだ完治したわけではありませんが、現在問題解決の糸口を探っているところであります。

もう少々わたくしめにお時間をいただけるとありがたいと思っております。
腹黒鷲でした。

| 未分類 | 19時46分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

岩国レポ

こんにちは。キャラバンです。

4月1日・2日にムーさん、クマさんと岩国基地に遠征してきました。その時のレポートです。

ども、クマです。追記歓迎とのことで追記します。また別に書くのも面倒なので、キャラバンさんのに書き加える形にします。赤色で書いてあるコメントが私のコメントです。

まず、4月1日8時にNH便で広島空港へ飛び、空港から広島駅行き高速バスと山陽本線に揺られること90分、岩国駅に到着!その後30分をかけ徒歩で岩国基地20エンドへ。

こんときは天候があまり良くなく、広島空港が山の上に位置することもあって、飛行機はかなり揺れました。B777だからまだ良かったけど、直前のJAL便のMD?90だったらきつかったなあ

この時のはランウェイは02、いわゆる「岩国上がり」を期待できる風向きですが、この日の天気では大気の状態が悪く風が回っている状態。トラフィックの方は撮影開始した直後ランウェイ上を見たらCE(バイキング)のキャグ機が今まさに02に降りタキシーウェイを転がっている所!運が悪かった―と嘆きましたが、思えばこれが悪夢の始まりでした

実は撮影開始直後にCEがオーバーヘッドをかましたので、私は小さいながらもCEのCAGの背中ばっくり写真を撮ることができています。確かにあまり運は良くなかったですが、その中でもとりわけ運が悪かったのがキャラバンさんでした。

1日の天気は予報通り踏んだり蹴ったりで展開中に晴れ暴風降雨の繰り返し。この後WKの00が飛んだのにこのありさま.。しばらく戦闘機の上がりを撮っていないと体がついていかないものです(笑)
PICT0381-01.jpg

コイツはその後帰ってくることはなかったのですが、あとの調査により、嘉手納、横田と飛んでいたことが発覚しています。厚木に来てなくてよかった。


ランウェイはほんの数時間でこのあと2回もランチェンしてしまいました。岩国に駐在する海自・海兵隊ともあまり飛ばず、天気の悪化でそろそろ帰ろうとカメラ機材をしまい帰路に就いていた時
MH-53Eの後継のMCH-101が飛んでいってしまう。キャラバンは完全にカメラ機材を収納していたため撮ることができませんでした。
PICT0620.jpg写真は次の日に撮ったもの

むーさんと私は一応とれていますが、後日撮ったものの方が出来は良かったように思います。

その後も散発的に飛んだり、また晴れたり雨が降ったりするもんでしたから、いつ撤収するか本当に迷った一日でした。

本当に撤収出来なかった・・・。



展開2日目は天気・トラフィック・運も散々だった1日とは違い、午前中は大変恵まれました。


朝9時前、第81航空隊EP-3が離陸。長時間の滞空が可能な電子戦データ収集する機体でおそらくの監視でしょう。さて、ほんとに人工衛星は発射するのでしょうか??
PICT0440.jpg
PICT0607.jpg

地元の人はシャッターは切りませんが、厚木ベースの人からするとウハウハです。

クマはどうせOPだろうとたかをくくっていたので、無視して撮影ポイントへ移動したため、EPはとり逃しています。むーさんも私のせいで撮り逃しています。ごめんよ。でもそのうち厚木にくるからいーよね?


その後、昨日撮り逃したCEのキャグ機が離陸。こいつは後のランチェンで降りもとることができた。
PICT0498-02.jpg
PICT0572-01.jpg


今年2月に海自に納入されたばかりのUS-2量産1号機。習熟訓練なのか、しばらくシーランウェイとメーンランウェイでT&G。
PICT0582-01.jpg



いわゆる「岩国降り」US-1。厚木じゃこんな写真撮れませんね!!
PICT0598-01.jpg


この二日間で思ったことは、厚木って撮影環境に恵まれてるってこと。岩国では02エンドは川、20エンドも使われてるランウェイや時間帯次第で全くイイ写真が撮れない事がしばしばありそう。あと、地元の人が優しいということ。気軽に話しかけてくれたり、飛んだら教えてくれたりと大変助かりました。

本当に厚木は恵まれているとおもいました。両エンドに公園が整備されているし、風も安定している。岩国上がりは確かにいいですが、別にそこまで工場が近いわけでもないので、飛行機の性能やパイロットの気分によって撮影場所が全然変わってしまうこと、300ミリ程度のレンズでは歯が立たないこと(地元の方も何名か来ていましたが、短くても400ミリ以上のように感じられました。)、海が近く、かつ海岸線に並行して滑走路があるために、常時横風が吹いていてどちらのランウェイを使用するか分かりにくいことなどを考えると中級者レベルの空港といえる気がします。

無事に岩国遠征を終え、満足度は約80点位でしょうか。

私の満足度は60点ですね。二日目にバットのCAGを腹ばいでしかとれなかったこと、EPを撮り逃したこと、31日はRW20でCE、DT、VKのCAG全て撮れた事を知ってしまったことを勘案しています。みんな厚木にこいこーい!!

沖合移転される前にもう一度訪れてみたいです。

以上、キャラバンでした。

P・S
追記歓迎!!




| 航空・米軍 | 23時38分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。